So-net無料ブログ作成
検索選択

勝ち負けでなく [キャリア]

勝間さんと香山先生の対談がAERAで。
AERA、ほんとに流行りネタ雑誌になったなあ。
でも、高村薫さんの連載が気になるから買っちゃう。
『現代の肖像』の人選びセンスもいい。
ああ、あのひとを早く取り上げてくれないかなぁ…♪

閑話休題。

勝間さんの主張は…、
能力も気力も高められる!
出来るから、やろうよ!
出来ないなら、出来る環境を整えようよ!
出来ないより、出来たほうがいいでしょ?と聞こえる。
どんな場所でも、どんなひととでも、いつでも、自分のやりたいようにする、
そんな強さを感じる。

香山先生の主張は…、
能力も気力も環境対応力もひとそれぞれ。
高めてもいいし、高めなくてもいい。
高められない自分を、怠惰だと責めなくていい。
結果が出ない自分を、努力不足だと責めなくていい、と聞こえる。
自分だけのせいじゃない、環境要因もあるもの、という柔軟さを感じる。

どなたかが、「勝ち組の論理と負け組の論理」と評されていたけど、
違うと思うなぁ。
「強くなりたい人の論理と、強いって何なのか考える人の論理」だと思う。

どちらも批判するつもりはない。
でも、
自分の思惑通り出来るひとばかりじゃないし、出来る環境にいるひとばかりでもない。
勝てないこと達成できないことが、すべてをダメにするわけでもない。

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)



この本を読んでいると、下線で真っ赤になってしまいました。それくらい示唆に富む良書。
労働法制と社会制度の整備を、昔の状況ではなく現状に即した内容に、すぐ転換しなければ!と、
キャリア教育に携わる方なら、きっと焦燥感にかられる一冊です。
個人はひとりで生きているのではない。組織や社会、法律に網羅された日々を生きている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。